ルールベースと自己判断ベース

ホームページを運営していくのと同時に語られることの多いものの一つに「AI」が挙げられるのではないでしょうか。しかし、同じロボットと言っても、その違いは決定的なものがあると言えるでしょう。中でも注目しておきたいのは、判断基準と言え、自律的に判断することが可能かどうかというところが大きな違いと言えるのではないでしょうか。RPAのロボットというのはは、単純作業の連続という仕事工程を、人が行う流れと全く同じように正確に行えるということが言えます。しかし、それを可能にしているのは、あらかじめ「ルール」を設定しているからと言えるでしょう。そのルールに定められていないことが発生してしまった場合、ロボットは「判断基準」を見失ってしまうことになるでしょう。即ち、想定範囲外の事態に陥ってしまった場合、処理を継続できなくなってしまうと言えるでしょう。反対に言うと、業務工程が全てルール化できるようなものであれば、全てRPAが代替可能と言えるでしょう。

かたや「AI」と言うのは、人が行うような「判断」すらも代替することを目的に開発されてきたものと言えるでしょう。近年では「機械学習」や「ディープラーニング」と言った言葉も多く耳にするようになったでしょう。これは、人の考え方や、答えの導き方などと言ったものを、技術を駆使して同等の判断が行えるようにするための過程と言え、例を挙げるとすれば、AIに画像認識をさせる場合、2枚の写真に写っている人が同じ人であるかどうかと言うものを判断するのに、あらかじめルール化されたもので判断するのではなく、自らが学習して判断すると言うような技術と言えるでしょう。これからは、RPA技術に加え、AI技術を組み合わせることにより、更なる業務自動化と効率化が期待できると言えるのではないでしょうか。

museyのホームページ作成部屋 > TOPへ